Takunojiの日記

自分が勉強したプログラム技術メモ

TortoiseGitのセットアップ

Qtのセットアップが完了したので、資源(ソース)管理の準備をしたいと思います。
下記のサイトからMSIファイルを落とします。

Download – TortoiseGit – Windows Shell Interface to Git

MSIファイルを叩きます。

f:id:Takunoji:20170402111532p:plain

f:id:Takunoji:20170402111546p:plain

f:id:Takunoji:20170402111659p:plain

このままNextを押します。下の赤線を確認してFinish

f:id:Takunoji:20170402111740p:plain

セットアップが走ります。このまま初期値でNextを押します。

f:id:Takunoji:20170402112430p:plain

Git.exeがあることを確認してください。

f:id:Takunoji:20170402112449p:plain

あとは初期値でNext...
インストールが終わったら設定を確認

f:id:Takunoji:20170402112834p:plain

リモートリポジトリが指定のリポジトリ(GitHub)に設定されていることを確認します。

f:id:Takunoji:20170402113023p:plain

これで、準備OK☆次回はソースの登録方法です。

takunoji.hatenablog.com

Qt Test GoogleTesting Framework

悪戦苦闘の末、結局「Windows10 Iot Core」はあきらめました。が。。。
※古いラズパイは使えないようだ。バージョンなど確認する必要があるのかも?

Qt開発は引き続き・・・

テストを行いながら、テスト駆動型開発でやっていこうと考えております。
なので、テストコードから先に作成していきます。

使用するのは表題の「Google Testing Framework」です。

Running Autotests | Qt Creator Manualを参考にして作成いたします。

Testプロジェクトを作成します。
ファイル→ファイル/プロジェクトの作成→そのほかのプロジェクト

f:id:Takunoji:20170402093707p:plain

f:id:Takunoji:20170402093721p:plain

f:id:Takunoji:20170402093742p:plain

上記のように作成します。
途中、バージョン管理用のリポジトリ設定がありますが、今回は割愛いたします。

作成した、プロジェクトは以下のように表示されます。

f:id:Takunoji:20170402094110p:plain

対象プロジェクト/UnitTestの構成でUTプロジェクトを作成しております。
そのほうが管理が楽だと思ったので(笑)

Windows 10 Iot Core 3度目の正直。。。やっぱりできませんでした。

以前途中まで記載しました。記事よりダウンロード、SDカードのフォーマット
を行いました。

【失敗していた点】SDカードへの書き込みはWindows10を使用しております。

1.SDカードをフォーマットしたつもりだったが、できていなかった
  →フォーマッターを使用する、そしてSDカードの抜きさしをする(リロード)

   ※筆者はSDカードの抜きさしもやっていませんでした。。。
   SD Card formatter for Windows Download - SD Association

2.NOOBSのダウンロードはLiteでやったらWindows10 iot coreがなかった・・・
  右のサイトから改めてダウンロードStep 1 of 4 - Get the tools | Windows IoT

  ファイル名が「NOOBS_lite。。。」まぁよし!

【再度インストール方法を確かめる】

・以前使用した「setup.exe」はSDカードのフォーマットがダメだったので再度
  setup.exeでインストール!!
 ラズパイをLANケーブルに接続して起動。。。フォーマットがよくてもダメ!!!

【ISOをダウンロードして
・結局は、こちらのページより、(Confirmを押下した後に)ISOをダウンロード!!!!
 ダウンロードに30分くらいかかりました。
 ISOをマウントして・・・下のサイトを参考にしました。

Windows 10標準の機能でISOをマウントする/アンマウントする方法 - ぼくんちのTV 別館

 そして、できたmsiファイルをSDカードへコピー&msiファイル起動!!!

f:id:Takunoji:20170331213317p:plain

f:id:Takunoji:20170331213341p:plain

f:id:Takunoji:20170331213358p:plain

ん?!インストールがCドライブ??
起動したのは「setup.exe」と同じ画面。。。とにかく続行!!!

f:id:Takunoji:20170331214208p:plain

やっぱり駄目だった~~~~~~~自分のデバイスが見つからない。。。

f:id:Takunoji:20170331215038p:plain

結論としては、ラズパイが古いのでIotCoreは使用できないと判断しました。

 

結局、ふつーにRasbainをインストールしました。
手順は、NOOBSをダウンロード→SDカードにコピー→SDカードをRPiにセット
→RPiを起動→インストーラが走るから選択してインストール

したのサイトからダウンロードできます。

f:id:Takunoji:20170331220931p:plain

難なくインストールが走っております。
Qtでソースを作成して、Windowsでテスト、最後にRPiで起動確認をする。
こんな手順でやりますか・・・



 

Windows10 Iot core install 注意点

www.raspberrypi.org

1.NOOBSを使用して(ダウンロードして)インストールする

www.raspberrypi.org

2.使用するSDカードはFATでフォーマットするとNOOBSが起動しない

3.setup.exeファイルとか使用したが全部ダメだった、ラズパイの古いものだと起動しないのかもしれない…

 

取り敢えずマックでSDカードをフォーマットして、NOOBSを再度入れてやり直す。

Qt Nmake U1073 エラー

表題のエラー対応方法

エラーログが出力される

f:id:Takunoji:20170328210341p:plain

U1073: don't know how to make~とエラーメッセージが出力されます。

nmake.exeの場所が悪いんじゃないか?(パスにスペースが入っているとか・・・)

いろいろと意見があったが偶然解決、デバック → リリースに変更
※nmake.exeをVCの下から違う(パスの通った)場所へコピーした後

f:id:Takunoji:20170328210614p:plain

起動!

f:id:Takunoji:20170328210751p:plain

デバック、リリースで何が違うのかわからなかったが解決
今後の注意点として覚えておきたい。