Windows 10 Iot core セットアップ

Qtのセットアップなどをやってきましたが、
最終的には、ラズパイにインストールして起動しようと思ってます。
【問題】
Linuxベースの「ラズビアン」だと、
デプロイ(作成したアプリをラズビアンにインストール)するときには
ラズビアンでビルド(コンパイル~リソースファイルの配置までを行う事を)
しないといけません。

【対応策】
いろいろと考えた結果、「WindowsOSならビルドした起動ファイルをそのままインストールすればいいんじゃね?」となりました。

Windows 10 Iot Coreのインストール】※英語でした。。。
1.使用するハードウェア(今回はRaspberry Pi 2)を選択
※下にGitもあるので参考に見てみるのもアリ☆

f:id:Takunoji:20170325101539p:plain

2.SDカードでインストールかNOOBSでインストールするか。

f:id:Takunoji:20170325101509p:plain

3.➀Windows10の(2015年頃リリースバージョン)以降のOSでやってください
  ②ダッシュボードを利用する場合にインストールしてください
  ※上記のように解釈しました。間違ってたらごめんなさい。。。
  →結局、ダッシュボードは必要でした(笑)インストールします

f:id:Takunoji:20170325101938p:plain

「Download Dashbord」をクリックして「setup.exe」をダウンロードします。

f:id:Takunoji:20170325104005p:plain

「インストール」をクリックするといストール処理が走ります。(5~10分)

f:id:Takunoji:20170325104044p:plain

そして、ダッシュボードが起動します。

f:id:Takunoji:20170325105102p:plain

今回使用するデバイスは「Raspberry Pi 2」、OSはWindows Iot Core(ver14393.953)
OSのバージョンはコマンドプロンプトを開き、「>winver」コマンドで確認できます。

f:id:Takunoji:20170325105605p:plainコマンドを叩くと↓

f:id:Takunoji:20170325105803p:plain

細かい入力をしてインストール
※今回はLAN(有線)でインターネットに接続してます。

f:id:Takunoji:20170325110458p:plain

インストールが終わったら、今度はインストールしたSDカードをラズパイにさして起動します。
次回はラズパイを起動します。