Takunojiの日記

自分が勉強したプログラム技術メモ

Java Basic while 文 〜Step1_3_2〜

前回はfor文をやりました。

今回は、兄弟分のwhile文をやります。

書き方は以下の様に書きます。

while (ループする条件) {

    // 処理

}

 

例1 無限ループしますがiが3になったら

      ループを抜けます。

int i = 0;

while (true) {

     if (i ==3) {

           System.out.println(“The End”);

          // ループを抜ける処理

           break;

    }

    i++;

}

 

例2 例1同じ処理

int i = 0;

while (i <=3) {

    if (i ==3) {
         System.out.println(“The End”);
         break;
    }

    i++;

}

 

例3 これも同じ

int i = 0;

do {

    if (i ==3) {
        System.out.println(“The End”);
    }

    i++;

} while(i  <= 3);

 

以上の様に書きます。

詳細は、このページに記載します。

例1と2は上にループの条件を書きます

例3は条件を下に書きます

時と場合によって使いやすい方を使えば良いと思います。

が、大半は上に条件を書く方でやっちゃいますね(笑)

 詳細は下のページにあります。

Java Basic While文 〜 Step1_3_2〜 – PGボックス

ゲームやサーバーの様に待機状態を作るときに
例1の様な書き方を使います。

あくまでやり方の1つです。タイミングを見て
サーバーの通信処理部分の実装をやろうと
思いますが、その時に上記の「while(true)」
の無限ループを使用します。

サンプルの実装はここからダウンロードできます。 

 

ここまでやったらある程度動くものが作れると思います

でわでわ

<問題1>
while文を使って

int型の配列を初期化して5回ループして

計算式を表示した上で答えを表示して

ください。

—————————

1+2+3+4+5は

15です

—————————-

 

<問題2> 

while文を使って

String型の配列を初期化して

配列の中身を全て、ループ文を使い

表示して下さい。→ヒントなし