Takunojiの日記

自分が勉強したプログラム技術メモ

Java Basic データ型 〜Step1_2_1〜

前回は、 Javaで何をやるのか?

を考えました。

そして、はじめのプログラムを作成

コンソールにハローワールドを表示

上記の事をやりました。

 

今回は続きになります。

コンソールに文字を表示したので今度は

四則計算をやろうと思います。

 

予備知識としてデータ型を理解しておく

必要があります。

 

実際にコードを書くときは文字を入力

します。パソコン側からして見たら

数値と文字列の区別ができません。

※1〜9の文字、あ〜ん、a〜Zなど

 

パソコンの認識としては全部が2進数

になっています。

 

なので「型」を用意して区別します。

データ型は下のページにまとめました。

Java データ型 変数の扱い方〜Step1-2-1〜 – PGボックス

 

ソースもダウンロード出来ます。

 

本題に入ります。

四則計算なので数値のデータ型を使用します

上記のページには色々書きましたが

int, doubleの2つを使用します。

以下の書き方は「初期化」と呼びます

→宣言と同時に値をセット

int hensu = 1;

 int goulei = 2 + 3;

 

ここでの1〜3の数字がint型の値です

小数点がつくとdouble型になります

double shosu = 1.23;

 

そして宣言というのは以下の書き方

int hensu;

値を代入しない場合です。

この時に宣言した変数にはデフォルト値

が入ります。

数値型のデフォルト値(初期値)は0です

int hensu; // 0

double hensu; // 0.0

こんな感じです。

 

でわ問題です。

問1.

変数「teihen」と「takasa」を初期化

して変数「gmukei」に代入し

コンソールに出力した下さい

三角形の面積を求めるプログラムになります。

 

問2.

問1を応用して立方体の面積を表示するプログラムを作って下さい。

 

問3.

同様に円の面積を求めて表示するプログラムを作成して下さい。

なお、円周率にはMath.PIを使用する事


 【追申】
「やってみようかな?」と思ったら下のリンクにセットアップ手順を
記載したのでやってみてください。

<< 開発環境関連リンク >>

Java 開発ツールのインストール – PGボックス
Eclipse Gitリポジトリの取得 〜GitからソースをPullしよう〜 – PGボックス