Takunojiの日記

自分が勉強したプログラム技術メモ

JavaFX→LWJGL 〜ゲーム作成準備〜

Javaでのゲーム作成をするのに使用するフレームワークがLWJGLなので表題を変更します。

 

前回は、ゲーム作成をするのに仕様を考えました。

大雑把にどんなものを作るか?が決まったので早速作成!と行きたいのですが

LWJGLの使い方がわからないので

こいつの使い方を学びます。

 

先ずはチュートリアルを参考に実装を行います。

プログラム初心者の方にもわかる様に

基本からわかる様に頑張ります(笑)

 

まずは、環境構築を行います。
Javaを初めてやる人もゲームを作ろうという人もまずは環境構築
を行います。(Javaの基礎も一緒にやります。)

Java 開発ツールのインストール – PGボックス

LWJGL 開発環境セットアップ〜Maven使用〜 – PGボックス

Eclipseを使用すると設定が面倒なのでIntelliJ IDEAを使用します。

やろうとしていることは以下の通りです。
1. とりあえずゲーム作成の手順を学びます。
2. ゲーム作成を行うためにJavaの基礎が必要になる。
3. ここでJavaの基礎をやります。 

使用するIDE(開発ツール)はEclipseを想定しております。
当然、NetBeansなど他のツールでも構いません。
セットアップではEclipseの場合のみを記載しますのでご了承ください。
<要点>
・ゲーム作成はLWJGLの学習を進めながらやっていきます。
Javaの基礎は別個にやります

<手順>

1. ゲーム作成用のプロジェクトを作成してゲーム学習を開始
→ パッケージを切るときに「prac.lwjgl」のように作る
2. ゲームの作成時にJavaでわからないところが出てきたら基礎学習用に
→パッケージを「prac.basic」のように作る
※同じプロジェクト内に作成しておくとゲームで作った処理を使えます。

上のようにパッケージをゲーム用とJava基礎用に分けて作成します。

 

作って、理解して、動かして…

使えるものがあれば使うってな感じで

とりあえず「Javaを理解したい」という人は下のリンクを参考にどうぞ
開発環境の構築: Java 開発ツールのインストール – PGボックス


初めのプログラム:Java Hello World はじめのプログラム 〜 Step1-1〜 – PGボックス


次回からLWJGLの学習を始めます。(基礎部分も学習します)