UE4 画面作成~イントロダクション的な~

前回、何とかUnrealEngineのセットアップができました。

QtCeratorは使用できませんでしたが、まぁ良しとします。
プログラムの作成はどちらでもよいので・・・(必要になったらやります。)

現状としては、UE4によるUI作成→ゲーム作成がメインなので。。。

でも、UE4は使ってみた感想としてプログラム必要ない感じでできていました。
起動する時には以下のような画面です。

f:id:Takunoji:20170708215310p:plain

f:id:Takunoji:20170708215407p:plain

一番手前に表示しているのは、自分で作成した、アクター(画面コンポーネント)になります。
チュートリアルも豊富にあり、使い方はチュートリアルで何とかなりそうです。

目標達成アプリの作成も一気にUI設計の詳細部に突入しました。
画面の3Dオブジェクト作成にBlenderを使用、
UI上の動きなどの作成UE4で作業をしております。
画面のコントロール方法などすべてチュートリアルで分かります。

f:id:Takunoji:20170708220001p:plain

はっきり言ってドキュメントがこれだけ充実しているアプリケーションは見たことがないです。(笑)