読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラス構成を考えるためのテスト実装

前回はUMLの作成をして各クラスの関連を示しました。
今度は、「DbアクセスInterface」から先のDBアクセスに関して
動的に処理を行いたいのでオブジェクト指向プログラミングの「ポリモーフィズム」を使用したい→筆者はC++でのプログラムが書けませんので勉強します

ところで....
汎用画面APは、クロスプラットホームで起動する想定ですので(詳細は仕様を参照)

実装に使用するプログラム言語として「C++」と「Java」を候補にあげますが
自分自身がJavaの経験があるので「C++」を主軸にして話を進めようと思います。

まずは基本C++でのオブジェクト指向実装の方法を検証します。
基準は「Java」言語でのプログラムで各種フレームワークも参考にします。

初めは、やっぱりC++でもJavaでもHello Worldでしょう(笑)

<Javaバージョン(Humanクラス使用)>

f:id:Takunoji:20170224213830p:plainf:id:Takunoji:20170224214211p:plain

f:id:Takunoji:20170224214232p:plain

<C++バージョン(Humanクラス使用)>

名前空間の使い方がわからなかったため次回記載いたします。失敬(笑)

C++でのクラス作成方法 - Takunojiの日記