Takunojiの日記

自分が勉強したプログラム技術メモ

Java Basic Summary 〜Java文法、初期段階のまとめ〜

イントロダクション

以前、自分が作成したJavaに関する文法や、予約語などつい忘れがちなものをまとめたページがあったのでご紹介いたします。ど忘れなどした時、これからjavaを学ぼうという人向けになっていると思います。

Intoroduction

this is I wrote about java basics about grammers and reserved word.

I think it good for remember basically java grammers etc...

まとめのページ(Summary of Java Basic)

  1. ハローワールド: コンソール表示
  2. 四則計算: 計算の演算子
  3. 文字列クラス: 文字を使う
  4. Boolean: 論理値の使い方
  5. If文の使い方

そのほかやったことなど、こちらのページで

zenryokuservice.com

 

Java Network 〜socketサーバー〜

イントロダクション

今まで画面を使って色々とやろうと思っていましたが、ラズパイ で画面を使うと重いので…画面無しでやろうと考えました。

何をやるのか?

Javaでサーバー関連のプログラムと言うとウェブアプリが思い浮かぶのですが…極小サイズsocketサーバーでやれば大きくなりませんし、パフォーマンスも日常利用できるレベルで出せると思います。

余談

Javaは元々データ処理(画面なし)の方が得意なプログラムらしいです。画面表示もできるのですがね。

具体的にやる事

段階を踏んでやります。

<第1段階> socketサーバの扱い方理解

  1. socketサーバー(jarファイル)をラズパイ (javaが動くPC)に)配置します。
  2. クライアントsocketを作成します
  3. クライアントから文字を入力してレスポンスを返す事を確認

 

<第2段階>クライアント入力からコマンドを実行する

  1. 第1段階で作成したアプリのサーバ側に受け取った文字(コマンド)に対する処理を追加
  2. 今回はLチカをリモートで実行

Lチカの準備などは以下に記載しました。

RPi GPIO 〜ラズパイ でLチカ〜 - Takunojiの日記

 

結果は後日

RPi GPIO 〜ラズパイ でLチカ〜

イントロダクション

ラズパイ をCUIで起動してからの画面起動が出来なかったので、画面作成はやめてNO画面アプリを作る方向で考え始めました。

何をやるのか?

携帯したラズパイ のボタンを押すことで各種コマンドを実行する仕組みを作る方向に進みます。

はじめの一歩

画面を使わないならば、ボタンなどアナログインターフェースを使うしかありません。つまりGPIOでのやり取りが手っ取り早いと思うのです。

Lチカのセットアップ

今回のアプリケーションフローとしては、以下の様な処理を考えております。

  1. 電源を入れる
  2. ラズパイ上に常駐アプリ起動
  3. ボタンの入力を受けてコマンド実行

 

このアプリを作るためにはまず、GPIOの入出力が必須ですので、まずは「Lチカ」でコントロール方法を理解する必要があります。

必要機材

  1. ラズパイ 
  2. ディスプレイか、他のPC
  3.  プレッドボードなど
  4.  GPIO端子に接続する線(Lチカ)

 

これで、実行環境が揃うはずです。

やったら、報告します。

でわでわ。。。

JavaFX ラズパイ 〜ラズパイ上で画面を〜

イントロダクション

色々やったけどダメだったパターンです。ラズパイをCUIでインストールしてwifi接続、JavaFXによる画面作成とやったけどダメでした。

→ Swingならいけるかも?

フレームバッファを読み込むとかで対処するらしいが、調査中…

やった事

今までやった事は以下に…

<ラズパイのCUIインストール>

http://zenryokuservice.com/wp/2018/08/08/ラズパイ-セットアップ-〜ベアメタルインストール/

 

<ラズパイにwifi接続>

http://zenryokuservice.com/wp/2018/09/02/rpi-settingup-wifi-in-cui-~ラズパイ-cui-wifi接続~/

 

<作業で使ったRPiコマンドメモ>
http://zenryokuservice.com/wp/2018/09/02/memos-about-settingup-rpi-~使用したコマンドメモ~/

 

< JavaFx >

http://zenryokuservice.com/wp/2018/08/08/java-画面作成〜javafx〜/

 

などなど、やって来たのでラズパイ上で画面を起動したいと思い、色々とやってみました。

その戦いの履歴です。

http://zenryokuservice.com/wp/category/rpi関連/

 

感想

色々とやってダメだったけど、色々と知識は得ることが出来たので次はSwingで画面作成をしてみようと思います。

余談

次にやるSwingは結構古いフレームワークで…自分はこのフレームワークオブジェクト指向を理解するきっかけをもらいました。

以降、Java Basicのコーナーでもやって行こうと思ってます。ラズパイ 上で起動確認が取れたら、確実にやります(笑)

 

 

Java Implementation 〜GUI作成〜

イントロダクション

以前にも似た様な事をやったのですが、今度はラズパイ 上で画面を作成しようと思います。

Introduction

I tried JavaFx implementations before.But I will create a GUI in RPi with JavaFx.

やり方などサンプル

This is sample code, and how to

 

http://zenryokuservice.com/wp/2018/08/08/java-画面作成〜javafx〜/

 

とりあえず現況

ラズパイはJavaのインストールなどやりました。

インターネット繋いで、以下のコマンドでおっけ。

 >sudo apt-get install oracle-jdk8

あとは、どんな画面を作るか?と言うところで悩み中です。

 

参考にどうぞ

please watch here for sight.

ttp://zenryokuservice.com/wp/2018/08/08/ラズパイ-セットアップ-〜ベアメタルインストール/

 

http://zenryokuservice.com/wp/2018/09/02/rpi-settingup-wifi-in-cui-~ラズパイ-cui-wifi接続~/

 

<コマンドメモ>
http://zenryokuservice.com/wp/2018/09/02/memos-about-settingup-rpi-~使用したコマンドメモ~/