Takunojiの日記

自分が勉強したプログラム技術メモ

JavaFx 開発チュートリアル 〜1: Hello JavaFx〜

前回、JavaMeの開発環境の構築を試みましたが、敢え無く断念(今日のところは)
そして、並行して進めたいのがJavaFxを使用する事です。

JavaFxはJavaSE(JDKをダウンロードしたらついてます。)に梱包されています。
そして、画面を作って起動できる(JavaMeで起動すればラズパイなどでも起動可能)
使用するものは「JavaFX Embedded SDK」になるようですが。。。
詳細はこちらのサイトにあります。
JavaFXPorts


とりあえず、デプロイする方法が違うという認識です。

そして、JavaFxを始めるのには、JDK1.8以上のものをダウンロードしてくれば
それでOKという事です。
でわでわ、コーディングと行きますか?

参考にするサイトは以下になります。

docs.oracle.com

ついでなので、Javaの勉強を始めようと思っている人にも
Javaをある程度学習した人にオススメしています。
初めてやる人は、画面上に色々と表示してみましょう。
ある程度学習した人は、次のステップに行きましょう。
→ある程度とは、プログラムの基礎文法を理解して、List, Mapなどの扱いができる程度

まずは、毎度おなじみ「写経」です。
読む→書く→動かす→理解する→新しいことをやる。。。
とループする感じです。

作成した、コードは以下になります。ダウンロードはここ

package zst.prac.tutorial;

 

import javafx.event.EventHandler;

 

import javafx.application.Application;

import javafx.event.ActionEvent;

import javafx.scene.Scene;

import javafx.scene.control.Button;

import javafx.scene.layout.StackPane;

import javafx.stage.Stage;

 

/**

* Lesson1. JavaFxでのはじめの一歩<br/>

* Getting started JavaFx on Tutorial<br/>

* この文章がさ記載されている部分をJavaDocコメントと言います。<br/>

*

* @see https://docs.oracle.com/javafx/2/get_started/hello_world.htm

* @author Takunoji

*/

public class Lesson1 extends Application {

/**

* はじめのプログラムは「Hello World」<br/>

* どの言語でもやるのです。<br/>

* 主な用途としては、プログラムの疎通確認をやります。<br/>

* ※プログラムの実行環境を作成した後にプログラムが走るか確認<br/>

*

* @param args: プログラム引数

*/

public static void main(String args) {

launch(args);

}

 

/**

* プログラミング学習の基本は「写経」です。<br/>

* 意味はわからなくても「とりあえず」自分でコードを描いてください。<br/>

* インポートするのはjavafx.XXXを選択します。(IDEを使用している場合)

*/

public void start(Stage primaryStage) {

primaryStage.setTitle("Hello World");

 

Button btn = new Button();

btn.setText("Say Hello World!");

btn.setOnAction(new EventHandler<ActionEvent>() {

@Override

public void handle(ActionEvent event) {

System.out.println("Hello World");

}

});

 

StackPane root = new StackPane();

root.getChildren().add(btn);

primaryStage.setScene(new Scene(root, 300, 200));

primaryStage.show();

}

}

いつものようにタブが消えているので上のリンクからダウンロードしてください
実行結果は、以下になります。

f:id:Takunoji:20180421215646p:plain

ボタンを押下した後、コンソールに出力されるのでEclipseの方を
みてみてください。

f:id:Takunoji:20180421215658p:plain

初めての人は細かいことは置いておき。。。以下の3つ覚えてください。
1. プログラムは必ず上から下に流れる
2. Javaの場合は、必ず「mainメソッドが動く」
3. メインメソッドは以下のように書く(丸暗記でも良い)
  ※こう書かなければメインメソッドではありません。(笑)
public static void main(String
args) {
     プログラムの処理
}

ある程度理解している人は、クラスの繋がりを理解しましょう。
Javaの文法を理解している程度の人

今回作成したクラスは、「Lesson1」です。
このクラスは、javafx.application.Applicationクラスを継承しています。
そして、親クラスのメソッド「startメソッド」をオーバーライドしています。
とりあえず、赤字の単語を覚えてください。


写経したら、プログラムの内容を書き換えて動かしてみてください。
ファイルが元に戻せなくなったら上記のリンクからダウンロードすれば良いです。

でわでわ、今日のとろころはここでおしまいです。

JavaMeを使う 真・開発環境構築 失敗〜Net Beans編〜

これも失敗しました。-> Macの場合(JDKの問題)
Javaのバージョンを1.8でやるようにすれば大丈夫みたいです。
JDKが新しいから何も調べずにインストールすると後で面倒くさい…

ちょいと反省…


下のものをダウンロード、インストールします。
<インストール>
1. Net Beansインストール:https://netbeans.org/downloads/
2. Net Beans用のSDK        :  Java ME SDK Downloads

NetBeansは簡単にインストールできると思うので省略します。

f:id:Takunoji:20180421144158p:plain

Net Beans起動

f:id:Takunoji:20180421144525p:plain ← このアイコン(Mac)

f:id:Takunoji:20180421144459p:plain

実際に起動して、プロジェクトを作成するときに以下のような画面が出ました。

f:id:Takunoji:20180421145200p:plain

JavaMe関連がダウンロードできるのか?
アツいものを感じます!!

f:id:Takunoji:20180421145306p:plain

インストール!

f:id:Takunoji:20180421145534p:plain

途中「自己責任で〜」とダイヤろぐが出ますが気にせず続行
Net Beansの再起動して再度開きます。

f:id:Takunoji:20180421150703p:plain

Javaのバージョンを1.8以上にしているとNetBeans8.2では動きませんでした。
ちょいと注意した方が良いかも?
Javaバージョンの切り替え方法(Mac)

ここのサイトを参考にしてやりました。

qiita.com

でもコマンドの入力をミスってしまい。。。
lsコマンドとか使用不能になりました。
やる前に以下のコマンドでPATHの値を保存しておくと良いと思います。
一応危険なので注意してやるようにしてください、後が面倒臭いです。

でも、結局は「Net Beans」でプロジェクトの作成ができませんでした。
つくづく、縁がないのなぁ「Net Beans」

JavaMeを使う開発環境構築〜失敗:環境構築出来ませんでした〜

失敗の原因は
EclipseでJavaMeをやるときは別の方法でやる必要がある
事に気がつきました。次回やります。
参考サイト:

j2megroup.blogspot.jp



今度は、フルJava(全部Java)でのアプリケーション開発に着手しようと思います。
以下から「JavaMe SDK」をダウンロードして使用する算段です。

<注意>
オラクルへのユーザー登録が必要になります。

今回使用するのは、OpenCv, JavaFx, Java3D(JOGL)を使用する予定です。
早い話が、Javaでゲームを作ろうという事です。 

Java ME SDK :いろんなプラットホームでの説明が書いてます。

下のリンクはEclipseようです。
上のリンクだとEclipse4.7(Oxygen)では出来ませんでした。

docs.oracle.com
<2018/04/21 追記>

開発環境の構築として必要な作業は以下になります。
1.Java Me SDKのインストール(今回はEclipseでのセットアップです)

今までに、「Unreak Engine」「Unity」「Blender」と実際に触ってみました。
で、3DモデルはBlenderを使用することにしたのですが、Blenderゲームエンジンも使ってみたところUnityと変わらない感じだったので、Javaでやったらどうだろう?
となりました。

ポイントとしては、単体で動かせるので、ケータイやPC、ラズパイにもインストール可能であるということです。JVMさえ動けばどこでも動くのがJavaです。

というわけで、上記のSDKをダウンロードしてEclipse
ウィンドウ > 新規ソフトウェアのインストールを開きます。

f:id:Takunoji:20180420215004p:plain

f:id:Takunoji:20180420215142p:plain

SDKを指定してやれば、インストールができます。
インストール後は、以下のように表示されます。

f:id:Takunoji:20180420215449p:plain

簡単ですが、こんな感じです。 -> 2018/04/20

しかし、セットアップはまだ終わりませんでした。

www.eclipse.org

上記のサイトからモバイル用、Java Card用とあるようですが今回は、モバイル用をインストールします。
始めのようにダウンロードした、ファイルをプラグインとしてインストールします。

f:id:Takunoji:20180421104616p:plain

ヘルプ > 新規インストールで開きます。

f:id:Takunoji:20180421104726p:plain

インストールしたら再起動が走ります。
ここまでで、JavaMe SDK, Mobile Toolsのインストールを行ったので
Eclipseの再起動は、2回行っています。

そして、Eclipseのパッケージエクスプローラより
新規 > Java Me Project を開き

f:id:Takunoji:20180421105844p:plain

このようにプロジェクトが作成できます。

そして、参考にするサイトを「Using the Oracle Java ME SDK Software with Eclipse
に変更して、Eclipseの設定を行います。
1. JavaMeパースペクティブを開く

2. 「Preference」「設定」を開く(SDKインストール後)、何もしなくて良さそうです。

f:id:Takunoji:20180421131725p:plain

3. Java Me Projectの作成
・プロジェクトを作成する

f:id:Takunoji:20180421133029p:plain

・プロジェクト名の設定(下の方にConfigurationが設定されていることを確認)

f:id:Takunoji:20180421133115p:plain

・次へを押下して、以下の画面が表示されます。
※参考サイトには何も書いてなかったけど自分はチェックを入れました。

f:id:Takunoji:20180421133723p:plain

・同様に次の画面

f:id:Takunoji:20180421133812p:plain

そして完了ボタン押下!!

f:id:Takunoji:20180421133922p:plain

ぐわー!!痛恨の一撃!!!
どうやら手順が足りないようだ、結構飛ばしたしな。。。
<やったこと>
EclipseへJavaMe SDKのインストール
・Mobile Tools for Java Extentionのインストール
>>> ここを飛ばした。。。
・Installing Java Card Emurator
>>>>>>>> 
Eclipseの設定
というわけで、Java Cardインストールをやります。

Java Card Downloads

そして「Java Card SDK」をインストール...
色々やってたらちゃんと出来ませんでした。

最終奥義出します。→再セットアップ(Eclipseアンインストール)
NetBeans 使ってみようかな?

詳細は、以下のサイトで和訳してやると分かりやすいです。

docs.oracle.com

紆余曲折の結果今回は、失敗してしまいました。

https://docs.oracle.com/javame/config/cldc/rel/3.3/win/gs/html/getstart_win32/setup_eclipseenv.htm
今日はここまでにします。

Blender Game Engine 〜まとめ〜

前回は、BGEでのゲームコントロールの作成方法をやりました。
正確には、右ボタンを押下した時にオブジェクトを動かす。というものでしたが
前回やった工程を増やして、上下左右のボタンに対応した動きを設定すると以下のようになりました。
f:id:Takunoji:20180418211119p:plain

試した部分は「Physics」と「Liner〜」「Loc」「Rot」の部分を試しました。
回転したり移動したりとちょっと面白かったです。
ポイントとしては「Loc」の値を設定して移動する時にはオブジェクトの向きを基準に
移動するというところです。その部分は実際にいじってみるのが一番良いと思います。

f:id:Takunoji:20180418212110p:plain ← 右端のパネル
ロジックエディタの右端(Actuator)
f:id:Takunoji:20180418212100p:plainf:id:Takunoji:20180418212051p:plain
それぞれの値を調節してやれば、キャラクターの操作はできそうです。

大雑把にアクションの作成方法を学習しました。


Blender Game Engine 〜キューブを動かす〜

前回は、チュートリアル動画のはじめの部分をやってみました。
今回はその続きをやります。
参考動画はこちら

youtu.be

前回は、キューブを上に持ち上げて、重力をかけるとこまでやりました。

f:id:Takunoji:20180416211549p:plain

上記の画面で(重力をかける設定をしてます。)「P」ボタンを押下

f:id:Takunoji:20180416212322p:plain

と、ここまでが前回。

ここからキューブの向きを変えて落とします。

f:id:Takunoji:20180417202547p:plain    f:id:Takunoji:20180417202603p:plain

まぁ何も起こりませんなぁ(笑)  ※動画より引用
自然な動きを与えるには、「コリジョンバウンド」を設定するようです。

f:id:Takunoji:20180417203156p:plain f:id:Takunoji:20180417203146p:plain f:id:Takunoji:20180417203132p:plain        f:id:Takunoji:20180417203450p:plain

チェックを入れるだけですね。。。
落下した後に地面の上に止まりました。(刺さっていません)

そして、ここからが本番
画面を上下の二つに分割します。新しいビューを使用するためです。

f:id:Takunoji:20180417203846p:plain

f:id:Takunoji:20180417204015p:plain

Open The Game Logic Editor

f:id:Takunoji:20180417204115p:plain

開いたロジックエディタの一番左から、センサーを追加します。
センサーというのは、コントローラーの事と今は思っておきましょう。

f:id:Takunoji:20180417210336p:plain

そして「Controller」はすっ飛ばして、「Actuator」の変更を行います。

ついでに飛ばした「Controller」は右です。

f:id:Takunoji:20180417210929p:plain  f:id:Takunoji:20180417211021p:plain

そして、今回はキーボードでコントロールしてキューブを動かしたいので
Actuator -> Motionを選択します。

f:id:Takunoji:20180417211208p:plain

余談ですが、選択しているキューブに重力設定をしていないと2行くらいしかない
※重力設定が「Static」の状態

f:id:Takunoji:20180417211643p:plain

重力設定を「Static」から「RigidBody」に変更します。

f:id:Takunoji:20180417211901p:plain

ちょっと分かりづらいですが、プロパティが増えています。

Key: の「Right Arrow」と表示されている部分をクリックしたら「PressKey」と

f:id:Takunoji:20180417212119p:plain 表示されるので使用するキーを押下する
今回は、「右→」Right Arrowを選択しました。
そして、一番右のプロパティを以下のように変更します。

f:id:Takunoji:20180417212620p:plain Yの値を「3.0」に設定する

f:id:Takunoji:20180417212709p:plain

そして、ゲームを実行します。「P」ボタンを押下します。

f:id:Takunoji:20180417212943p:plain f:id:Takunoji:20180417213133p:plain

右にしか移動しないのでキューブがおっこちます(笑)

今日はここまでにします。